イラストレーター にしだきょうこのブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シューヘーブーム
 なんでこんなに時間がないんだ、という本を以前旦那が読んでいたが
今週まさに私がそんな感じだった。

インフルエンザの流行により、息子の幼稚園が突然休園に!
しかも旦那が実家に帰省していたので
私は息子と母子家庭状態だった。

うちの旦那は家事に協力的で(一応共働きだからさ)
朝ご飯の食器洗いと、たまに朝ご飯の支度、布団を上げる係を担っている。

旦那がいないと

弁当作る→鳥さんの世話(うちは鳥を飼ってる)→朝食の支度→洗濯機まわす→
ごはん食べる→自分の軽い支度→息子幼稚園へ送る→洗濯もの干す→食器洗う→
布団上げる

と、これらを全部あたくしが!ひーっ!!
いかに旦那に頼っているかということを実感しました。
これを普通の家庭では奥さんが全部やってるんだわ〜世の奥さんってスゴイわ。


で、突然幼稚園が休園になったので寝坊も出来て弁当もなし、と
だらだら過ごせて、大変なのは息子のお相手ってだけで
案外休園で良かったかも〜と思いました。

しかし午前中は仕事できなかったので夜はみっちり仕事。
水泳教室も子守りのため欠席(自分が健康なのに欠席って!)
ブログも更新できず、となかなか時間がなかったのでした。




さて、長い前置きはこの辺で終わり
私には今、シューヘーブームがきている。

前回紹介した絵本作家、長谷川集平さんである。
(思いっきり修平って間違えてたけど 修正しといた(笑)


図書館で借りまくる。


「はせがわくんきらいや」で再び涙を流し
「とんぼとりの日々」でまたぐぐっと来てしまう。

小さい図書館なんで取り寄せなきゃ置いてないものも多くて
しばらくシューヘーブーム続きそうです。

私も実は絵本に挑戦したいと思ってるんだけど
シューヘーさんのような本は、ぜぇーーーーーーーーーったい、書けないな。





神保町、再び。
あー、仕事の手順を間違えて、余計な時間をかけてしまっていた西田です。
そんなに忙しくなる予定じゃなかったのに
全然更新できずにいました……。

近況。

先週の土曜日、再び神保町へ言って来ました!
絵本専門店ブックハウス神保町(←ここは古書店ではない)の読み聞かせイベントで
先代の『ドラえもん』の「のび太」の声優さん、小原乃梨子さんが
声優仲間と組んだ「おはなしフェアリーズ」が、
読み聞かせをしてくれるというので行ったのですが
残念な事に、急なお仕事が入って小原さんご本人は欠席。
のび太のあの声聞きたかった〜〜〜!

でも「おはなしフェアリーズ」のみなさんは全員プロの声優さん&俳優さんということで
とても贅沢な読み聞かせタイムでしたよ〜。
やっぱプロは全然違うな。すごい良かったです。


そのあと、早速お腹の空いた息子が
前回も行ったレトロ喫茶「ラドリオ」でバナナケーキが食べたいと言い出し


まだ入った事がない「さぼうる」や


大昔に一度入った「ぶらじる」をうらめしく見ながら


再び、ラドリオへ。

子どもって同じパターンを踏襲したがるよね〜。



この日の戦利品。

長谷川集平さんの「トリゴラス」と「トリゴラスの逆襲」。

左の本はどこの本屋さんにも売ってなくて
アマゾンで買った(でも到着まで随分かかったぞ)
のぶみさんの「あかちゃんおうさま」。

長谷川集平さんは、小学校高学年?中学のときかな?
図書室で偶然読んだ絵本『はせがわくんきらいや』で衝撃を受け
ずっと心に残ってた作家さんなのですが
トリゴラスも立ち読みして「ぐっ」ときてしまい
『逆襲』までも購入してしまった。

トリゴラスは思春期の男の子の心をのぞいてしまったような作品で
息子に読ませるにはちょっと早いな。意味わかんないだろう。

『逆襲』のほうは『トリゴラス』出版から30年だか(テキトーでスマン)経ってからの続編なんだって!


「あかちゃんおうさま」は冬休みに教育テレビをつけたら偶然やっていて
すごく感動してしまったので購入。

王様の話?と思いきや、普通の男の子の話なんだけど
自分で再度読んでも泣けた(笑)
もし本屋さんで見つけたら読んでみてね。

しかしホントに赤ちゃんがベビーカーでふんぞり返ってる姿って
「王様かよ!」って思う時あるよね〜。






 
探し物との出会い
札幌で友達が何気に連れて行ってくれたお店「ハロー書店」で
イタリアのデザイナー「ブルーのムナーリ」氏の本に出会ってしまいました!
こういう巡り合わせは興奮しますね〜〜

そもそも、そんなにこのデザイナーさんのことを私は知らないのですが
旦那が買って来た作品集を見て
「うわー!かわいい!かっこいい!」と喜んでいただけ。
写真の一番下に位置してる本がムナーリ氏の作品集。

ただ、専門学校時代に使っていたレタリングの本に
(きょうび、グラフィックデザイナーは
レタリングなんてしないよね〜。とっても旧時代の人間な感じだよ)
その本が紹介されていたの。

レタリングの本は上記写真モノクロのやつ。
Aのコラージュが表紙のが、出会った本。

私「これってブルーノムナーリって人の本だったんだ〜かわいいよね!」

旦那「なんか復刊されたらしいんだけど、ネットでも品切れだった」 

私「そうなんだー残念」

という会話をしていたぐらいだったので
見つけたときは感動してしまった。

息子が大の書体好きなので(変わってる)
いろんな書体で構成されたアルファベットの本は喜ぶだろうと思って。

ハロー書店ではムナーリ氏の本が沢山飾られていて
実際手に取って中を見る事が出来て感動しました。
ついでに開いてる女の子の絵が気に入って
「黄色ずきんちゃん」というムナーリ氏の本も買っちゃいました!



他に緑ずきんちゃんというのもあって、イラストのタッチが全然違うのですが
こっちもとてもかわいいんだ♥
また、出会えたら購入したいです。