イラストレーター にしだきょうこのブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

偉大なるお菓子のキャラ
 楽しいクリスマスも終わり
ぼちぼち家の各場所を(大)掃除している私です。
いっぺんにやると疲れるので
昨日は換気扇周辺、今日は玄関と
ものすごいピンポイントで掃除しています。

ひさびさに机周辺の断捨離もやって
長年溜め込んでた、昭和の化石、ウォークマンとか
なんの充電器かわからんようなもんとか
一応出るからとっておいた、先のツブレかけたペンとか
どっさり捨てました。
てか今まで捨てないでいた事にびっくりだね!

さて、そんな師走の家庭とは全く関係のない話題。

近所のイトーヨーカドーに入ってる輸入食品屋さんで売ってる
韓国ののり。

新大久保に友人と行った時教えてもらった『ジャバンのり』っていう
のりのふりかけが美味しかったんだけど
これがその『ジャバンのり』と同じもの。
メーカーが違うからパッケージは違うんだけどね。

これで3袋目くらいの消費なんだけど
この、左下にいる『のり』のキャラをぼんやり眺めていて
「なんかに似ている」と思っていた私。

何か思い出しませんか?








商品の角に鎮座し(座ってないけど)







帽子をかぶり






指を突き立てるあなたは






………………………はっ!






ポテチの「ポテト君」にそっくりよ!
これってイラスト原田治先生よね?




ああー、のりのキャラ考えた人、パクった …っと、参考にしたのですね〜。
そういえば油っこくておいしい所も共通してる。

「原田治」大先生の偉大なるポテト君と
ジャバンのり君との共通点を誰が気がつくでしょう。

ここに書き記して、本日のブログはおしまいにします。





イッツ・ア・スモールワールド
110825_1951~0001.jpg
札幌芸術の森美術館で「メアリー・ブレア」展を見てきました。
かわいい!かわいすぎます!
ディズニーに携わった人で、イッツ・ア・スモールワールドのデザインは彼女の手によるものだそう。
いやぁ〜偶然だったんだけど、見て良かった〜♪

図録を良く見たら、今年の4月に銀座でも開催されていた(知らなかった 笑)
70年代懐かし文具店
 息子と夫が「仮面ライダーオーズ&ゴーカイジャー」の映画に行ってくれたので
呑気にブログを更新しよう。
ホントは仕事する約束なのだが(笑)

先日、姉と息子と吉祥寺の某百貨店へ。

息子はここに来ると常に6階の玩具売り場に行きたいので
それにつき合うことに。

通りすがりのサンリオショップで
「ぎゃーーーー!!なつかしい!!!」

姉と私、大コーフンの……
パティ&ジミー!!

「やっぱこの色合いがいいよね〜〜!!」
「かわいい!!」
「こんな友達(左右の2人)いたな」
「ケータイストラップもかわいいよ!」
「これに反応する人って一定の年齢行ってるよね(笑)」
と、ひとしきり盛り上がった。

復刻か?復刻なのか?
ピンクや水色にあふれた昨今のサンリオとは
180度違う、ぱっきり原色のパティ&ジミー!!
70年代当時はキティちゃんもこんな配色で可愛かったよねえ。

昔も売ってたぷくぷくの着せ替え人形もあって
萌え萌え〜だったが
『今、着せ替え人形を買ってもな……』と珍しく冷静になり
「アタシ、ハンカチ買う!」と言ったら
姉が「これ買ってあげるよ、誕生日プレゼントに(去る7/25)」
と言う。

姉がそういう事を言ってくれるのは非常に珍しいので(笑)
ありがたく買ってもらった。

ケータイストラップも買ってもらいました。
シャラシャラ言って、ちょっとうるさいがかわいい。

パティ&ジミーもキティちゃんも
限られた配色と、正面を見すえた顔(無表情)で
正直最初はディックブルーナ(ミッフィー)のパ○リだったんだろうな。


次。

何年か前に近所の文具店が閉店するんで
売りつくしをしていたときに発見した
インスタントレタリング。略してインレタ。

こすったら写るという仕組み。
何十年も昔のものなので、貼れるかどうかあやしいが
柄がレトロでかわいかったので買いました。

特に虫のヤツがいいでしょ〜
アリがリアルで気持ち悪いけど
てんとう虫の可愛さはこの時代特有のものだよね(っていつの時代か知らんけど多分70年代でしょう)

左の動物シリーズのパンダもいい味でてます。


こんなパッケージに入っていました。







起死回生。プリントゴッコアーツ。
 もう使わないから捨てようと、
一度は「HARD OFF」に売りに行ったプリントゴッコアーツ。

「こちらはお値段つきません」と言われ
すごすご持って帰ってきたのですが
再び『やってみようかな?』という気になり
Tシャツにプリントしてみました。

そもそもスーちゃんの追悼番組を見ていて
キャンディーズが「普通の女の子にもどりたい!!」と号泣したときの
コンサートの衣装が
『なんか女子プロレスラーみたいで面白いな〜』と
絵に描いてみたのがきっかけなのです。
ミキちゃんだけ縦ストライプなんだよね。

で、これがすごく気に入ったので
Tシャツにプリントしてみようと思ったわけです。

『プリントゴッコアーツ』はTシャツプリント用でB5長、プリントできるんだけど
しのぎを削っていた『Tシャツくん』に軍配があがり
今は生産中止になっております。
でも消耗品はネットで買えますし
もちろん、紙にもプリントできます。

なかなかプリントがきれいにいかないんだよね〜
はじっこがどうしてもかすれる。

上のイラストのような多色刷りは気が遠くなるので
2色刷りで
しかも混色すると面倒なので
インクそのまま、黄色と黒で刷りました。

遠目でみるとなかなか綺麗っぽく仕上がって見えます。
失敗も多いけどこうやって出来上がると嬉しい。

スクリーンを拭いていたら新聞紙に写ったので
こちらにも色をのせてみました。

なんだかちょっとだけ私の大好きな
「大竹伸朗先生の作品の一部」っぽくなったので
紹介しました(笑)

ママ友がイラストレーターになった!
 以前、憧れの原田治先生について書いた記事の中に出て来た
「原田治先生の事を語るだけのママ友」の川崎さんが
久しぶりに会ったらイラストレーターになっていた!
すごいすごい〜おめでとう!

引っ越しして疎遠になっていたんだけど
近所の巨大公園でばったり遭遇!
こんなすてきな運命の巡り合わせにコーフンし
早速ランチの約束をして
先週末やっとそれが実現したのです。
嬉しかった〜。

川崎さんは原田治先生が校長であるパレットクラブで学んだ後
(このパレットクラブの講師陣ってのがそうそうたる顔ぶれなのよ)
イラストレーターになっていてびっくり!

ホームページも開設し、営業に行ったり、雑貨作ったりと
大いに頑張っていて私は本当に刺激をいただきました。ありがとー!
川崎さんのホームページはこちら

私のがさつなブログと違って
クウネル的かわいい雰囲気の漂うホームページだなあ。
やっぱりこういう所に人間性がにじみ出てしまうんだよね。

川崎さんが自分の子どもの絵を素敵に描いていたので
私もさっそく影響されて息子を描いてみました。

ホントはこんなに顔ピンクじゃないんだけど(笑)

早くプールに行ってくれ……
ブログに書いてなかったけど
去年12月からできた水いぼが治らない……

川崎さん、今度2人でリスのストラップのワークショップやろうね。







気になるキャラクター
 以前から気になっていたキャラクターがいます。
東京ワンタン本舗の坊やです……いや、男の子なのか自信はないです。

 
まつげが長いからね。女の子の可能性も…

 アップ

他にチャイナドレスを着たお姉さんのキャラもいたはずなんだけど…
おろしにんにくの瓶に描いてあった気がする。

と、この東京ワンタン本舗のホームページを見てみたが
絵が欠けてる!!
しかもキャラについて一言もふれられてないんですよね。名前とかないのかな。
瓶のデザインもレトロでいいですね〜。このままずっと変えてほしくないです。

もうひとつ、凄いキャラを紹介します。
それは…イトメンのキャラです。
関西の会社なので北海道人の私には馴染みがなかったのですが
三重県人の旦那は知っていました。
イトメンはウィキにも載ってるしキャラの使い方も堂々としています。

このトンボを見て下さい!!
なんか………すごい!
なんかすごい感じがするのは私だけでしょうか!?
ほくろがあるんですよ!とんぼにほくろが(笑)

口元のほくろが色っぽいとのことで
このトンボは雌だと推測されてるようです(笑)